茶産業と人形作り

西野商店の天神人形

西野商店の天神人形

西野商店の天神人形

西野商店の天神人形

静岡県藤枝市茶町の西野商店で受けた静岡茶についてレクチャー。その会場となった西野商店セミナールームに積まれた茶箱も圧巻でしたが、飾られていた人形の由来も興味深いものでした。
『広益国産考』(1842年刊行)の著者農学者大蔵永常が農閑期に作るよう農民たちに指導した天神様の土人形は、志太地域(焼津市、藤枝市、島田市一帯)ではこの地方独特の髭の衣装着天神で、西陣織の綺麗な衣装を着て明治政府高官のように立派な髭を蓄えています。天神様は学問の神様としてだけではなく、貿易輸出を守る神様としても貿易商に飾られたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。