栗崎園

栗崎園

室内

品評会用の茶とはねた茶

和菓子青練りと茶殻

川霧があがる400〜450mの地、1.3haの茶畑で窒素・塩基類・リン酸のバランスのとれた土壌管理を行った茶園で栽培された高品質茶を家族3名+臨時雇用180人体制で作る霧深き山のお茶が毎年のように全国品評会に受賞している浜松天竜区春野町の栗崎園。残念ながら茶園を見ることはできませんでしたが、室内で御話を聞くことができました。
栽培品種は、つゆひかり、さえあかり、春緑、香駿、紅ふうき等。いただいたお茶は、品評会用からはねたお茶(画像浅い皿のほう)、和菓子は地元春野名物青練り(薄緑の練り物の皮と白あん、秋は栗、味は3店3様)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。