夏の山水園@静岡県栃沢

山水園縁側

ネットのある茶畑

すくすく育つ大和みどり

手作り水羊羹

昨年秋の世界お茶まつり企画ツアーで訪れた山水園に、今夏少人数で再び訪れました。
こちらのお茶は二番茶まで。自然仕立てのまま、整枝したら、枝葉はそのまま茶畑のお布団になり、春の新茶時期を待ちます。画像に見える青いネットは防風用、黒いネットは防霜や遮光用、こちらが自然仕立て手摘み用、奥横は株仕立て機械摘み用となっています。
縁側でまずいただいたお茶は自然仕立て手摘み茶「霧の露」、この土地にふさわしい名前です。山からの湧き水が川を形成し、昼夜の温度差が深い霧を発生させ、その霧が茶葉を包み、独特の香味を生み出すのです。
手作りの水羊羹も美味しい~♪こちら、お菓子も特別で、水羊羹用の小豆まで茶畑の横で栽培されているのです。
最後にショートブレットとともに在来種で作った紅茶をいただき、その在来種の畑を帰り道にご案内いただき帰途につきました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。