紅茶を楽しむ会@ケニア大使館

日本紅茶協会では、年に10回ほど紅茶生産国在日大使館(インド大使館・スリランカ大使館・ケニア大使館・インドネシア大使館)で、紅茶を楽しむ会を開催しています。
先日、東京目黒区のケニア大使館で行われた紅茶を楽しむ会に参加してきました。
ケニアは1903年に茶樹が植えられ、最初の茶園が出来ました。茶産地は大地溝帯左右の標高が高い地域に広がっています。発展が目覚ましく、紅茶生産量は世界第二位、500万人を直接間接雇用する重点産業で、スワヒリ語で紅茶は黒い金という意味があります。

享受紅茶的會@肯尼亞大使館
日本紅茶協會在紅茶生產國家駐日本大使館(印度大使館、斯裏蘭卡大使館、肯尼亞大使館、印度尼西亞大使館)舉行了享受紅茶的會,一年有十次。
上次,我到東京目黑區的肯尼亞大使館參加了享受紅茶的會。
在肯尼亞,茶樹1903年被栽種,第一次的茶園完成了。
茶產地在地溝帶左右兩邊的標高高的地域大大伸展。
發展得很快,現在肯尼亞紅茶生產量位于世界第二位,成為直接地間接地僱傭500萬個人的重點產業。
並且紅茶在斯瓦希裏語裏有著黑色的黃金的意思。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。