黒板@鍵善良房

江戸時代享保年間、京都祇園で創業した和菓子老舗鍵善良房。
喫茶でいただけるくずきり、わらび餅、そしてこれから冬限定のきび餅ぜんざい、おしるこ、昔ながらの製法で職人さんたちが作る和菓子は現在なお愛され続けています。店舗で販売されている目を奪われるほど美しい季節の和菓子も魅力ですが、今一番のお気に入りはこの黒板。生姜を利かせた黒砂糖を板のように固めたお菓子で、ふつう好みで割っていただくのですが、寒くなってきた今の季節、熱い紅茶に溶かしてジンジャーティーにも使えます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。