第11回日本のお茶の魅力「茶匠と語ろう」②備前屋

白瑠

紫にほふ(蒸し製)

紫にほふ(釜炒り製)

琥珀

さやまみどり

毎年12月頃行われるNPO法人現代喫茶人の会が主催する日本のお茶の魅力「茶匠と語ろう」は、日本各地から集まった日本茶の茶匠のお話をうかがいながら、茶匠が煎れる自慢のお茶を楽しむ会です。
第11回になる2017年は12月2日(土)11~17時、台東区の東京松屋に8名の茶匠にお越しいただき開催されました。
時間の関係上8席中5席しかまわれなかったのですが、今日から5日にわたって飲んだお茶をご紹介させていただきます。
埼玉県日高市で狭山茶専門問屋を営む備前屋では年間2000㎏生産する萎凋香煎茶シリーズを、5種類いただきました。備前屋主人清水敬一郎さんに淹れていただいたのは以下の順。“紫にほふ”を冠した茶名、その年一番良いお茶に付けているのだそうです。
・紫にほふ Platinum 手摘み 萎凋香 蒸し製 ふくみどり
・白瑠(はる) 手摘み 白茶(弱発酵茶) ふくみどり
・紫にほふ Platunum 手摘み 萎凋香 釜炒り製 ふくみどり
・琥珀(こはく) 微発酵茶 Single Origin Tea 手摘み 釜炒り製 むさしかおり
・さやまみどり ハサミ摘み 備長炭火入れ 蒸し製

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。