第11回日本のお茶の魅力「茶匠と語ろう」④森内茶農園

受賞やぶきた

紅茶

微発酵茶(香駿)

微発酵茶(蒼風)

毎年12月頃行われるNPO法人現代喫茶人の会が主催する日本のお茶の魅力「茶匠と語ろう」は、日本各地から集まった日本茶の茶匠のお話をうかがいながら、茶匠が煎れる自慢のお茶を楽しむ会です。
第11回になる2017年は12月2日(土)11~17時、台東区の東京松屋にて8名の茶匠にお越しいただき開催されました。
時間の関係上8席中5席しかまわれなかったのですが、今日から5日にわたって飲んだお茶をご紹介させていただきます。
静岡県静岡市の森内茶農園は、急傾斜の美しい茶園を有する自園自製の茶農家で、さまざまな品種(香駿の先駆、パイオニア賞受賞)でさまざまなお茶を作っています。毎月1日には150年民家でお茶会を催されています。この日いただいたお茶は2017年度全国品評会普通煎茶4キロの部1等3席受賞やぶきた、濃緑で艶があって丸撚れ良く伸びていると審査されたお茶です。その後、紅茶、10月摘み微発酵茶(香駿)、セカンドフラッシュ微発酵茶(蒼風)をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。