中国茶の国家標準を学ぶ

黄茶白茶サンプル

烏龍茶サンプル

中国製品はすべて厳格な国家標準によって製造されています。中国茶の国家標準も微に入り細に入り多岐に渡ります。例えば、サンプリング、等級、鑑定、成分測定、企業の生産管理など。発布部門は、中華人民共和国国家質量監督検験検疫総局中国国家標準化委員会。
国家標準は茶葉の加工技術(做青、悶黄、発酵、渥堆など茶葉業界の専用術語と定義によって規定されています)と特性に基づき、品種、原料、生産地域を結びつけ、中国茶を明確に緑茶、紅茶、黄茶、白茶、ウーロン茶、黒茶、再加工茶に分類しています。ただ緑茶だけでも製造方法によって炒青緑茶、烘青緑茶、蒸青緑茶、晒青緑茶があり、さらにそれらのお茶は等級に分けられています。
中国の消費者は製品を購入する前に、国家標準の具体条項をネットや書店で販売されている国家標準冊子で確認することができます。お茶に対する表現を表した何百もある評茶用語は、それぞれ等級をおってネットからダウンロードして読んだりします。
先月は白茶、黄茶、烏龍茶の国家標準を一日でいっぺんに学べるセミナーがあったので参加してきました。新たな標準を知ることによってトレンドを知ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。