京都和束町の碾茶工場

景観茶畑

碾茶蒸機・碾茶炉

碾茶蒸機・碾茶炉

自動乾燥機

京都産抹茶の原料である碾茶用茶葉は、宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市、和束町、 宇治田原町、南山城村など地域で生産しています。
碾茶とは、茶摘みをする前に少なくとも20日以上お茶畑を覆って太陽の光を遮って育てた茶樹の若芽を蒸して揉まずに碾茶炉で乾燥したもので、これを臼で挽いて粉末にすると抹茶になります。宇治茶の主産地茶源郷和束は今、碾茶工場がフル稼動の季節、二番茶が始まろうとしています。碾茶生産量は和束が日本一です^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。