2015.09.04☀の東京国立博物館内応挙館

現在、東京国立博物館庭園内に建つ応挙館は、尾張国(現在の愛知県)の天台宗寺院明眼院書院として1742年建てられました。
のち、著名な実業家、茶人であった益田孝(鈍翁1848~1938)の東京品川邸宅に移築されます。
そして、1933年に東京国立博物館に寄贈されました。
室内に描かれている墨画は、1784年、丸山応挙(1733~1795)が明眼院に滞留していた揮毫したものであると伝えられています(原画保護のため現在複製画)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。