狭山茶産地巡り@吉野園

ふくみどり

在来種

サンルージュ

こうらいにしき

吉野園茶品種

さまざまなお茶の品種を栽培している吉野園、ドラマ99.9%のロケ地にもなりました。さやまかおり、その向こうがゆめわかば、さいのみどり、品種の違いは大きな葉っぱの形や色で見分けます。葉を手に持っている画像を見れば、手前がべにひかりで、外がべにふうき、べにふうきの葉は、つや消し。べにふうきは緑茶と収穫期が重なってしまいます。紅茶作りの時間を持つには、それより遅いべにひかりのほうが良いのだそうです。ふくみどりという品種は、緑茶にも紅茶にも使える便利なこ^_^茶畑の向こう側、雑木に寄り添っているこたちは、在来種です。鮮やかな紅い芽を持つサンルージュが植わっている場所はわかりやすい。こうらいにしきは、一番茶の新芽時期に黄色い芽葉がでます。お茶の葉っぱを並べれば、手前から、ゆめわかば、さいのみどり、べにひかり、べにふうき、ふくみどり、青心大方、ほくめい、サンルージュ、ほうらいにしき。
~2016年7月30日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。