鹿児島茶市場にて

本日平成29年度第92回7月22日土曜日、入札点数590点(本茶499点、番茶・出物84点、JAS有機栽培4点、紅茶3点)。出品茶は、鹿児島県の生産協会会員のもの、すべてバーコード管理されます。
本日は、遅い二番茶と三番茶の入札が行われていました。
鹿児島茶市場の仕組みは、電子入札制、鹿児島県指定買参者24のみが(一社4人まで)参加して、端末でお茶のバーコードを感知させて希望価格を入力、コンピュータは最高落札者を表示します。
鹿児島県の近年年間生産量は24600t、うち市場が取り扱うのが16500t、茶の詳細はすべて鹿児島茶生産履歴開示システムによってすべて公開される、安全・安心・新鮮でクリーンな鹿児島茶なのです。
~2017年7月22日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。