フランスチーズ🧀と日本茶🍵のペアリング

チーズ全体図牛たちが見てる①が12時、手前が6時方向

①レティバ(スイスペイダンオー地方ヴォー州産)×煎茶やぶきた(京都相楽郡和束町白栖産)
牛のハード系チーズ(画像12時位置)。
②オッソー・イラティー(フランスピレネー=アトランティク県産)×深蒸し煎茶静7132(静岡浜松市根洗町産)
羊のハード系チーズ(画像3時位置)
③アフィネ・オゥ・シャブリ(フランスブルゴーニュ地方コート=ドール県)×釜炒り茶つゆひかり(佐賀嬉野産)
中世に修道院で生まれた乳酸菌発酵ウォッシュ系チーズ(画像中央)
④ミモレット・エクストラ・ヴィエイユ(フランスノール県産)×紅茶セカンドフラッシュからべに(静岡浜松市根洗町産)
オレンジ色はベニノキの種子から抽出される(画像6時位置)、表皮にチーズダニシロンが住み着いた一番長い24ヶ月熟成させたハード系チーズ。
⑤ブリア・サヴァラン・アフィネ(フランスブルゴーニュ地方セーヌ=エ=マルヌ県)×抹茶あさひ(京都相楽郡和束町白川地区産)
クリーム添加(画像9時位置)
~2018年2月18日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。