「くわばら、くわばら」と梅枝餅@太宰府天満宮

今日から始まる長崎・佐賀・福岡巡り、最初の一歩は菅原道真を祀る太宰府天満宮へ。このタイミングで素晴らしい展示があり、飛び梅にも会えました。旅の安全を祈って、「くわばら、くわばら」とお願いして来ました😆
太宰府に左遷され、そこで失意のうちに亡くなった菅原道真は祟り神となって、京都に雷を落としました。不思議と落雷の被害を受けていない場所が桑原町、菅原道真の屋敷があった場所です。そのことから災難や禍事などが自分の身にふりかからないように唱えるおまじないが、「くわばら、くわばら」となったのでした😊

2020年11月10日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。