〈Silk Road in 2007〉 最澄上人の故郷を歩く その2

最澄上人は遣唐使として入唐求法した際に、天台山で茶の実を得て帰国のときに持ち帰りました。比叡山坂本にその茶の実を蒔いたと伝えられており、それが日吉茶園であるとされています。小さくてあまり目立たないこの茶園を見つけた時は嬉しくて、いっぱい写真をとってしまいました。画像の茶葉の葉先が指している文字が読めますでしょうか?“伝教大師入唐”と書いてあるのです。(2007-06-28)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。