ベンガラの吹屋と広兼邸@岡山

神戸に生まれた横溝正史は、1945年から3年間疎開した父親の実家岡山県吉備郡を心象風景として後年の小説に反映させています。
江戸時代から炭鉱の町として栄えたベンガラ色の町並み、銅山とベンガラの原料で巨大な富を得た広兼邸は『八つ墓村』の舞台となりました。

(Facebook記事2019年7月26日より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。