日本絵画風景の中にある口福@足立美術館

ガラス張りの周囲を鯉が泳ぐ池庭にぐるりと囲まれた喫茶室大観で、奥出雲産のもち米、島根和牛、島根県を代表する湖宍道湖で獲れる代表的な魚介類赤貝とうなぎ等地元食材を使った笹巻きおこわを。
茶室寿楽庵では生の双幅対を通してみる横山大観の名作白砂青松をイメージした日本庭園を真横に古来から招福延命の願いがこめられた純金製茶釜でわかしたお湯でたてたお抹茶がいただけます。この日のお茶菓子は安来が生んだ炎の詩人河井寛次郎命名の日の出前、松江独特の皮むき餡を「しののめづくり」という手間をかけた製造方法で造っている伝統和菓子。

2020年1月10日Facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。