隠れ家的喫茶@鳥取米子

庭園と収蔵品がステキな古民家的喫茶で地元食材
で作る一日15食限定(予約だけで完売になっていました)の食事をいただきました。
それは大豆を中心とした、壁にかけられた絵書通りの食事でした。
<お昼ごはん>
お漬物 10種類ほど
日替りサラダ ・・かぼちゃ、じゃがいも、大根
だし巻き
胡麻豆腐
煮豆
豆乳汁
あまから肉 等
<お菓子>
ねばりっこと言う長芋みたいなお芋で作られたねばり餅

「愛するとは、人の心を受け入れること
食べるとは、人を良くすると書く
休息とは、人が木のように自然に任せ
自分の心をとりもどすことを言う」

(Facebook記事2019年7月25日より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。