城下町臼杵スイーツ

臼杵の城下町は戦国時代のキリシタン大名大友宗麟が丹生島に築城したことからはじまります。城を守るため、わざと見通しヶ悪く、迷路のような町並みになっています。
臼杵の中でもとりわけ、城下町の家屋敷や寺などの趣ある建物が多い二王座の入口に位置し一際目立つ店舗は創業1600年の醤油屋。美濃から移封された藩主と共にこの地にやって来て醸造(酒、味噌、醤油)、両替商として稲葉藩に繁栄をもたらしました。こちらで、おやつ休憩🍭みそソフトクリーム。

2020年11月5日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。