恩讐の彼方に 耶馬渓、青の洞門

菊池寛の小説『恩讐の彼方に』の舞台となった青の洞門、耶馬溪を構成する風景のひとつです。
羅漢寺の禅海和尚などにより、江戸時代にノミ一本で30年もの歳月をかけて掘り抜いた道路トンネルがあり、今なおそのノミ跡や明かり採り窓が残ります。禅海和尚の遺品の数々が羅漢寺ふもとに残ります。そのなかには茶釜も。

2020年11月7日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。