臼杵のお茶

臼杵のお茶は、吉四六どんの里にあるらしい。吉四六とんち話は、江戸時代初期の豊後国野津院(旧大野郡野津町、現在の大分県臼杵市野津地区)の庄屋初代廣田吉右衛門をモデルとした民話です。古い映画『種まく旅人みのりの茶』のロケ地にもなりました。
観光案内所の無料レンタサイクルをこいで臼杵石仏の先、吉四六どんの里に育まれた茶樹たちに会いに行ってみた。

2020年11月5日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。