高野山、夜のティータイム

お菓子は、京都から携えてきた紫野松風。小麦粉に砂糖と麦芽から作った飴を加え、白味噌を入れてねかせ、発酵させた生地を焼く、その松風に大徳寺納豆と白胡麻を散らしたもの。
高野山御料菓は宿坊専用の茶菓子として製造されたみろく石と法の香。
下段画像は清高稲荷社。斜面に祀られたミニチュア稲荷社が愛らしい^^

2020年10月3日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。