茶草場農法

川根本町つちや農園の茶草場農法

川根本町つちや農園の茶草場農法

世界農業遺産をご存知でしょうか?
正式名称は、「世界重要農業遺産システム(GIAHS)」、伝統的農業や文化、土地景観の保全と持続的利用を目的に2002年に創設されました。
例えば日本では、「トキと共生する佐渡の里山」、「能登の里山里海」、「阿蘇の草原維持と持続的農業」、「クヌギ林と溜池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産環境」があります。
そして静岡茶産地の「茶草場農法」。
山から刈り取ったススキなどの草を茶園に敷くことによって、冬場茶園土壌の保湿保温を行い、土中の微生物の繁殖を助け、最後に草が堆肥にもなるという環境と共生した昔から行われてきた農法も世界農業遺産に登録されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。