出雲茶

浮浪山の茶樹

出雲のお茶は、浮浪山鰐淵寺の高僧から、その歴史が始まったと言われています。
鰐淵寺というのは、武蔵坊弁慶の修行地として有名な天台宗のお寺です。
最澄から始まる天台宗はたくさんの留学僧を出していますが、唐から帰る途中の僧がこのお寺に立ち寄って植えていったのではないかなぁと想像してしまいそうなほどさまざまな植物があることでも有名なのですよ、このお山は^^
お茶もそうなのですね。今でもそのお山のそこかしこに茶樹を見ることができます。

出云茶
岛根县出云茶的开端据说是从流浪山鳄渊寺的高僧开始的。
鳄渊寺是作为武蔵坊弁慶的修行地有名的天台宗的寺庙,从最澄开始的天台宗是排出许多的遣唐使留学僧,有可能从中国唐朝回比叡山延暦寺途中的憎侶顺路去这座寺庙栽茶种。那座山的到处现在还能看许多茶树。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。