松下コレクション・夏@静岡県袋井

春のオープン以来久しぶりに袋井の松下コレクションを見に行ってきました。
前回に比べてボランティアさんたちの力でずいぶん整理され、提示されている茶道具や茶などにも変化がありました。
気になったのは、西郷文書の中のひとつ。『磚茶紅茶取引関係』昔日本でも磚茶を作られていたのです。日本製磚茶があるのなら、見てみた~い(※野菜茶業試験所に戦前に作られた川字磚が保管されているそうです)。
西郷文書とは、大正から昭和にかけて日本茶の海外輸出に携わった西郷氏が残した文書。当時の茶業を知る貴重な資料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。