碁石茶 刈取

鎌とぎ

藁でまとめる

碁石茶の初刈は、6月の大安を選んで行われます。訪れた日は、前日6月12日大安に初刈が行われ、どんどん今年の茶葉が刈り集められているところでした。
小笠原さんのところの茶畑は、山茶とやぶきた。山茶(山間地に古くから自生している茶樹)は2000種類ぐらいあり、碁石茶作りではツバキエンとネヅキエン(漢字がわかりません(^_^;))という2種類が使われているのだとか。みな、山茶に名前がついていることに、びっくりです^^山茶に対する愛情が深いです。
刈り取りは、枝ごと地上高40㎝ぐらい刈り取ってしまうので、2番茶3番茶はありえません。作業所前に並んでいた茶樹、小さいけれど120~130年経た山茶だとか。小さいのは毎年大きく刈り取られてしまっていたからですね。山の恵みという言葉を意識させられた一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。