成都茶館巡り⑤順興茶館

茶博士

舞台

花茶

軽食

順興茶館では、茶博士による茶芸や変臉を鑑賞しながら夕食を兼ねた点心と花茶をいただきました。
川劇の開演時間は午後7時半から8時半まで。川劇とは四川省の伝統芸能ですが、演目の中でも一子相伝の秘伝とされる変臉は扇子で顔を隠す瞬間に瞼譜が瞬時に連続で変わる早業が目玉です。
いただいた軽食は、卤肉锅魁 8元、天府豆花 8元、煮凉粉(緑豆のデンプンを煮てつくったゼリー状のもの) 6元、绿茶流沙包(緑茶を練りこんだ生地にカスタード餡が入った包子)8元。蓋碗の花茶は、飲み終えるとスタッフさんや茶博士がお湯を注ぎに来てくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。