ダンバテン茶園 その2

世界の紅茶王サー・トーマスリプトン(1850~1931)は、1850年にスコットランドグラスゴーの食品店主の息子として生まれました。商才があり21才には自分の店を持ち、40才の頃には約300店もの店を所有しました。紅茶を扱い始めて1年目1890年にはセイロンに渡り、ダンバテン茶園を手ずから経営しました。
リプトンズシートと呼ばれるこの場所はリプトンが好んでお客さんを招いたという場所です。6000フィートから360°眺望できます。(2013-12-02)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。