ジョージアのお茶研究所の歴史2

ジョージアでは、さまざまな研究のすえ、1941年には15種類の品種が誕生しました。
1979年には品質の良いコルヒダという品種が生まれたとのことなので、西グルジアのアチャラ地域では少なくとも16品種の茶栽培が行われていることになります。(2016-05-30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。