九份喫茶街

ゴールドラッシュだった日本統治時代は別の職種だったのでしょうが、現在では飲茶で休憩できるお店がとても多いです。一度ではせいぜい二、三軒が限度ですので、よ~く下調べをしてハズレなお店に入らないことが肝要です。ここでの常識では景色が良いということが一番みたいです。ピーク時ではなかったので入ったお店すべて窓際に座ってはみたけれど、残念ながらこの日は曇っていたので海は白く霞んでおりました。景色は坂からでも見れるのでやっぱり美味しいのが一番だと思いました。(2007-02-13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。