タール寺のバター彫刻

タール寺のバター彫刻は、僧侶たちがバターを溶かさないよう冷たい水に手をひたしながら修業の一つとして作っています。
バター彫刻の歴史は古く、641年に唐の文成公主が吐蕃王に嫁ぐ時の嫁入り道具の一つとして持ってきた仏像に仏教信者が供えたバターに始まります。
その他にもチベットで喫茶習慣が養われたのは文成公主が嫁入り道具の中にお茶を持ちこんだとも伝えられています。(2012-02-19)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。