利源隆でお茶をいただく

利源隆喫茶室兼展示室

利源隆喫茶室兼展示室

利源隆喫茶室兼展示室

千両茶の輪切り

ワインにヴィンテージがあるように千両茶にもヴィンテージがあります。普通のお茶屋さんならば千両茶の試飲や比較は難しいお話ですが、それができるのがやはり製造元であり伝統秘伝製法を継承している利源隆です。
茶盤の横に立てかけられた茶袋は薄く輪切りにしたそれぞれの年の千両茶。菊花のように見える茶断面が美しいです。千両茶の正式名は花巻茶。名前の由来には3つの説があり、一つは孫悟空の禁箍呪のようだから、二つ目は良い千両茶の茶断面が菊花が巻いているように見えることから、最後は原料茶葉の色が五色で花のようであることから。
利源隆での一泊二日、さまざまな千両茶を味わえた幸せな時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。