君山銀針(拼音:jun shan yin zhen)

針形黄芽茶
茶区:江南茶区
産地:湖南省岳陽市洞庭湖君山島
产地:产于湖南岳阳市洞庭湖君山岛
歴史:唐宋代、君山銀針は茶葉が湯の中で金色の羽根が立っているように見えることから、黄翎毛や白鶴翎と呼ばれた。宋代白鶴寺で栽培された茶は白鶴茶と呼ばれ、白鶴井の水で淹れた白鶴茶はまるで水中を行く白鶴のように美しかったという。1872年、乾隆帝が江南に行幸したおり君山茶を飲み、年に9㎏献上するように命じた。1957年、君山銀針と正式に名前が定められた。
历史:君山银针,唐代称“黄翎毛”,因为茶叶满披茸毛,底色金黄,冲泡后像黄色羽毛一样根根竖立而得名。据《茶经》记载:宋时君山僧侣在白鹤寺等处种茶,取名白鹤茶,用岛上白鹤井的水冲泡白鹤茶,茶如白鹤在水中行走,起落不定,奇景万千,形美味佳。乾隆皇帝下江南时,品尝君山茶十分赞许,并把君山茶定为贡茶。规定每年进贡9千克。1957年正式定名君山银针。
特徴:黄金色で白毫に覆われている芽には“金鑲玉(金銀を象眼した宝玉)”の美称がある。湯の中に葉を落とすと芽を包んでいた葉が口をあけたように開き、その間に気泡がつくと、まるで“雀舌含珠(雀が嘴に珠を含んでいるようだ)”と形容される。1㎏の茶に4~5万芽を要する。水色は杏黄明浄。香気は清鮮。滋味は甜和鮮爽。
特征:芽头白毫满披,底色金黄鲜亮,有“金镶玉”之美称。冲泡时,开始芽头冲向水面,悬空挂立,徐徐下降于杯底如金枪林立,又似群笋出土,间或有的芽头从杯底又升至水面,有起有落,十分悦目。有的芽头包芽之叶略有张口,其间夹有一晶莹气泡,恰似“雀舌含珠”。 每千克有四五万个芽头。汤色杏黄明净,香气清鲜,滋味甜和鲜爽。
加工:生葉の静置(攤青)→加熱による酸化停止(殺青)→散熱(攤涼)→一次あぶり乾燥(初烘)→散熱(攤涼)→包装発酵(初包発酵)→二次あぶり乾燥(復烘)→散熱(攤涼)→再包装発酵(復包発酵)→仕上げ乾燥(足火)→選別(揀選)。
加工:经摊青→杀青→摊凉→初烘→摊凉→初包发酵→复烘→摊凉→复包发酵→足火→拣选制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。