インド紅茶局(Tea Board of India) その5

ティーボードでの表敬訪問はとても興味深いものでした。
会議室からおいとまする時、ふと振り返ると奥の壁にかかっていて不思議ではない方の肖像画がありました。
インドといえば、やはりガンジーです。(2011-05-25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。