マカイバリティーエステイト その9

萎凋、揉捻、玉解き、発酵室で静かだったマカイバリの工場も、茶葉たちが集まっている乾燥機の前では熱気にあふれていました。
この時の乾燥時間は240℃で22分だそうで、そう言われても長いのか短いのか最初に訪れたダージリンのティーエステイトだけに他との比較のしようもなく、とりあえずメモしてみました。(2011-06-17)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。