〈Silk Road in 2007〉 アシュラの祭

アシュラの祭とは681年3代目イマームであったホセインがウマイヤ朝軍に一族72名とともに虐殺された日を偲ぶ日です。自分の胸を打ち(スィーネ・ザニー)、鎖で背中を打って(ザンジール・ザニー)同じ苦しみを感じ、ホレストグレメー(羊、豆、トマトの煮込みスープ)を作って人々にふるまいます。祭の際に百人以上が担ぐという燃える火のような形をしたナフル(日本でいう山車のようなもの)がアミール・チャクマクの広場に置かれていました。(2008-10-09)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。