〈Silk Road in 2007〉 アーリガープ宮殿 その2

サファヴィー朝ペルシア第5代シャー・アッパース大王のプライベートパレス、アーリガープ宮殿のアーリガープには素晴らしいドアという意味があります。入口を入り、壁の四隅のいずれかに立って壁に向かって小声で話をすると対角線上の壁の角に立つ人だけにその話を聞かせることができる仕掛けになっています。壁の四隅が周りよりも少し黒くなっているのは長い歴史の中でたくさんの人がそこに立ったからでしょうか。(2008-09-18)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。