〈Silk Road in 2007〉 イランでお茶をいただく その1

マシャドの特産品はサフランです。バザールではサフラン製品がたくさん売られていました。サフラン入り氷砂糖もそのひとつです。ニシャプールで、中世ペルシアの偉大な詩人オマール・ハイアームを偲んで造られたオマール・ハイアーム庭園にあるティーハウスでお茶をいただきました。シーア派の聖地マシャドの南部にあるニシャプールはササン朝ペルシアの王シャープール1世によって建設された町で、古くからトルコ石の産地として大変有名でした。オマール・ハイアームはここで生まれ、生きることの喜びを詠った詩を多く残しました。(2008-08-26)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。