〈Silk Road in 2007〉 テヘランの考古学博物館 その4

アケメネス朝ペルシアの祖、ダリウス大王(在位B.C.521~B.C.486)の彫像は紀元前六世紀、紅海と地中海をつなぐ運河を造ってもらった感謝を表したエジプトから贈られたものです。ダリオス大王は帝国と各地方との情報通達を敏速に行えるよう道路網も整備しました。彼が開いた“王の道”によって商業経済が活発化し、帝国は繁栄しました。(2008-11-20)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。