〈Silk Road in 2007〉 ナクシェ・ロスタム

ペルセポリスから北西6km、ナクシェ・ラジャブから少し車を走らせた場所にナクシェ・ロスタムはあります。ここにはペルシア王のお墓が4基(ダレイオス一世、クセルクセス一世、アルタクセルクセス一世、ダレイオス二世)並んでいます。中央はクセルクセス一世とダリウス一世のお墓で、その下には当時の王たちの偉業がレリーフとして残されています。シャープール一世の226年戦勝記念図は七万人の捕虜と共に連れてこられたローマ帝国皇帝バレリウス一世がシャープール一世に跪いている場面が描かれています。これはペルシア帝国が世界制覇したことを象徴しています。アルデシール一世の王冠を受ける図では王様は髪を長くのばしていたことが、騎馬戦勝図では馬にも甲冑がつけられていたことがわかります。王の玉座をたくさんの民で支える図やゾロアスター教最高神アフラ・マズダのレリーフもきれいに残っています。そしてまたお墓の向かいに、ゾロアスター教の神殿が残されています。(2008-11-02)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。