〈Silk Road in 2007〉 ノマドの町(遊牧民の定住地)

イランのノマド(遊牧民)であるカシュガイ族が定住してペルシア絨毯(ペルシアンカーペット)を作っている人口1500人ほどの小さな町があります。カシュガイ族の絨毯織りの特徴は平織り(地面と平行に機を置いて織る)です。移動のしやすさを考慮する遊牧民ならではの技術と思われます。女の子は子供の頃に母親から受け継いだ絨毯の図案を、結婚後は嫁ぎ先の図案と組み合わせて織ります。この町で作成される絨毯は大変質が良く、輸出用が多いのだそうです。(2008-11-03)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。