アーナンダー寺院 その1

アーナンダー寺院は1122年にアノエッタ王の息子ジャンシッター王が建立しました。
アーナンダーはお釈迦様の弟の名前でもあり、お釈迦様は全知であるという意味があります。
東西南北にある仏像のうち2体は17世紀におそなえのローソクでもえてしまいました。
本来の11世紀のものと比較すると顔の違いなどからどちらがどっちのものかよくわかるのだそうです。
建築的にその当時の一番良い寺院らしいです。(2009-10-07)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。