ミャンマーのお茶作り

トゥンニン村では4月から10月までお茶摘みの季節です。
10月から3月までは栄養を蓄えます。4月にとるお茶が一番品質が良いもので、シュエピーモールといわれています。
シュエは金、ピーは芽、モーは雨、ルはずれる。
雨が降る前の黄金芽という意味。(2009-10-22)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。