リスボンでお茶をいただく

リスボンで最も古い老舗菓子店コンフェイタリア・ナシオナルでさまざまなポルトガル伝統菓子を楽しみながら^^
食べてみたのは、
ポーラ・デ・ベルリン…ベルリンのボールという意味を持つパン菓子で、カスタードクリームが挟まれています。
ノーシュ…卵黄クリームを固めて、クルミをのせて、飴でコーティングしたお菓子です。
ミニトルタ…卵黄のクリームが挟まっているロールケーキです。
グアルダナップ…ナプキンの形をしたお菓子。卵黄クリームをスポンジ生地でサンドしたお菓子です。(2017-01-31)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。