〈Silk Road in 2007〉 西安の歴史をお見せします その7

茶具編です。折枝団花鎏金銀鎏茶具(唐代 618~907)と青釉提梁倒灌壺(北宋 960~1127)です。倒灌壺とは、急須の底から湯を入れて、ひっくりかえしても湯は注ぎ口以外からは出ることはない不思議な急須です。(2007-08-15)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。