泾渭茯茶有限公司 その4

宋代から茶によって辺境を治める政策が実施され、朝廷は茶馬司を設けて辺境民と茶馬交易することによって辺境を統治しました。
泾陽の商人が扱っていた茶はまさに茶馬交易に使われた官茶でした。
『泾陽県誌』によると、明代以前?陽には11の鎮があり、徐々に湖南の茶を使って加工するようになります。
明朝、清朝、民国時代、貿易の拡大に伴って、茶葉の需要が増えると運送の問題が発生します。
この問題を解決するために、茶商は茶葉の包装を工夫して茶葉を圧縮して作る磚茶を発明し、茯磚茶が誕生したという歴史があります。
会社に茯磚茶を作った木型と官茶が展示されていました。(2017-06-24)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。