〈Silk Road in 2007〉 アタテュルク廟 その1

トルコの首都アンカラには、現代トルコ建国の父といえるケマル・アタテュルクを葬るために何年もかけて造られた霊廟があります。広場といってもよいほど広いスペースにケマル・アタテュルクは一人静かに眠っています。この広さにトルコ国民のアタテュルクに対する敬愛の深さが感じられます。(2009-01-25)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。