〈Silk Road in 2007〉 アラジャホユック遺跡 その2

アラジャホユックを歩いていると、城壁の根元のところに大きな岩が置かれていることに気づきます。
ちょっと受け皿のような感じの凹みがはいっている岩です。これはお供え物(生け贄と言い換えられるかもしれません)を置く台だったそうです。もしかして、この受け皿のように凹んでいるところで受け止めるのは血だったりしたのでしょうか?(2008-12-30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。