チャイクールの製茶工場 その2

茶農家から集められた茶葉は、工場でまず、萎凋されます。
ジュムフーリエ工場は可動一貫式ラインです。
トラフ萎凋機械は6台。6時間、38度の風で茶葉を加湿萎凋します。
加湿萎凋によって、作業は短時間化されているのです。(2014-02-20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。