〈Silk Road in 2007〉 エルク・カラ

エルクカラは紀元前6世紀アケメネス朝ペルシャからセレウコス朝まで使用された城です。アケメネス朝ペルシャ(中央はペルセポリス)のマルギアナ地方のサトラップが住んだ場所です。円形部分の高さは38m、城壁から入る入口はなく、平民ははしごをかけて入りました。メルブの北はカラクム砂漠が広がっています。カラクム砂漠はトルクメニスタン国土の70%くらいを占めています。(2008-08-01)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。